「瀬戸焼 陶房ふくし窯のご紹介」


ふくし窯は、焼き物の町 愛知県瀬戸市に陶房を構えて40年になる窯元です。

”陶土の温かみがあって、飽きのこない、楽しい手造り陶器”を信条に、和食器や花瓶、抹茶茶碗等

暮らしに活きる陶芸品を多品種に亘り、製作しています。流行を追うのでなく、伝統技法を基調として

"日本的な美が感じられる、普段使いで心のこもった焼き物”が出来ればと思っています。


・ふくし窯の焼き物は全工程ひとつひとつ手造りです。(土練りからロクロ成形、装飾、完成まで)

本当に一から人の手で造った陶器と、そうでない品とは一見似たようなものでも違いがあって、

陶土本来の温かさ、味わいといった素朴な魅力は手造りによる以外にはないと信じています。

使われる方が一つの陶器から何か感じ取ったり、楽しんで頂ければ、大変嬉しく思います。


「ふくし窯の名前の由来」


ふくし窯は、名古屋の歌人である井上 健太郎氏の命名によるものです。漢字では「夫君志窯」と

書きます。”ふくし”は夫君志・掘串・布久思などと書いて、万葉集の中で一番古い歌である雄略天

皇の長歌の中にあります。土を掘る時の農具で、これの発明により、農耕文化が拓けたと言われ

ています。陶土も土を母胎とするところに共通性があり、”素朴で、日本独自の生活工芸”として、

現代生活に生きた焼き物作りを心掛けています。




【TOPへ】


【ご注文方法】


【お支払】


【通販ページ】


【通販ページ商品一覧】


【新製品一覧】


【一点物】


【お買得セット】