社員の意識やモラルを高める

個々の社員が目的意識をもって教育を受けられるように工夫しよう

社員教育は、組織の中で仕事に取り組むうえで必要な意識やモラルを高めるためにとても大切な取り組みと言えます。そこで、個々の社員が目的をもって教育を受けられる環境を作るため、人事部や各部署の管理職が協力をして社員教育のテーマを考えることが重要となります。最近では、一方的な講義形式の研修だけでなく、グループワークやケーススタディー、プレゼンなどを上手く取り入れている企業の数も増えています。また、効果的な教育を行うために新入社員や中堅社員、幹部社員などそれぞれのポジションに合う研修の内容を選択することが肝心です。なお、研修のテーマによっては、必要に応じて少人数の教育を行ったり、研修後に継続して職場内でフォローをしたりすることも大事です。

ビジネスマナーやコミュニケーションスキルを身につけられる

社員教育は、専門的な分野の知識や技術を学ぶだけでなく、社員間の旅行な関係を築くために欠かせないものとして位置づけられています。特に、ビジネスマナーや対人コミュニケーションなどの研修は年齢や職種にかかわらず導入することができ、実務に直結したスキルを習得できるといったメリットがあります。また、それぞれの社員が一定の教育期間の後に意欲的に仕事に取り組めるようにするには、教育の対象となる社員の性格や経験、得意分野などを分析して、教育の方法を決めることが大切です。その他、自社内で適当な教育担当者を選ぶことが難しい場合には、社員教育の講師を務めた経験がある様々なジャンルの専門家にサポートを依頼するのも良いでしょう。

© Copyright Approaches For Employee Development. All Rights Reserved.